忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/14 小6]
[01/09 NONAME]
[01/09 NONAME]
[12/02 edako]
[12/02 edako]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
aki
性別:
女性
職業:
ケーキ屋。パティシエともいう。
自己紹介:
昔から相撲好きで、普天王さんのブログがきっかけとなり観戦に行くようになりました☆
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]
http://aki0228sumo.blog.shinobi.jp/
玉ノ井部屋の幸東を応援しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は仕事が休みで池田さんの取り組みがあったので両国まで行ってきました!

雨になるかと思いきや、降られずに済みましたー。


とりあえずチケットがなかったので当日券を買いに。
朝、10時前くらいに行ったんですけど、平日だったから余裕で買えました。

力士通用口っていう階段があって、お相撲さんはそこを降りて支度部屋へ向かいます。
その場所が向正面なんで、その場所まで行き易いように向正面のイス席Aを購入。
一番前が空いてたんでそこで観戦。

国技館の中に入ると鬢付け油のいい匂いが♪


あれよあれよという間に三段目。

今日はここにupするために写真を撮ろうと決めてたんで、正面に行って構えて待ってました。



今日はvs浜栄光。

池田さんは右です。西です。
手ブレ手ブレで・・・(汗)。。

あっ!と思って見たら池田さんが土俵の外に。
負けてしまいました。

●池田 押し出し ○浜栄光

負けちゃってるのに、ブログやってるこんなのに帰り道で声かけられたらがっくりさせちゃうだろうなぁと思いつつも、去年の大阪以来だったんで、とりあえず待っていようと思い。。

ちょっと前に取り組みのあった、巨東さん(玉ノ井部屋)と一緒に帰るだろうなぁと思っていたら、やっぱり二人で歩いてきて。

「あっ!」ってお互いに。(笑)

右手には先月あげた唐草模様の風呂敷!

私「使ってくれてるんですね。」
池「使ってますよ。」

私、心の声(あぁ、やばいこの感じ・・・)

顔を見ているとやっぱりな感じで。
申し訳なさそうな。

池「すみませんみっともない相撲取っちゃって。」

おでこを手で押さえたりたりしてたから、こりゃいかんと思って。

「じゃあ」って言って。

よく笑ってる池田さんが今日は全く笑わなかった。。


幕下の相撲を見ているときに、池田さんからメッセージがきまして。
まぁそれは書きませんが。(笑)
私だけなんでー。

少なくとも今日みたいな感じがある限り、いくらでも強くなれるんで。
いいことです。

池田さんの相撲の直後に、通路に出たら玉ノ井部屋の序二段の人たちかなぁ、4~5人が帰ってました。
通路側で池田さんの相撲を見てたんだと思います。
何だかみんな仲が良さそうで、みんな笑ってました。
栃東がスカウトしたっていう、三瀬さんもいました。物凄く目がキラキラしてる人なんですよね。

・・・でもあんなに団体で帰られたら、声をかけられませぬ。。

今度は笑顔でいてくれますように☆




今日も勝ちましたよ、普天王さん。


私はイスで一人で見てたんですけど、両サイドに70歳前後のおじいちゃん2人組がいらっしゃいまして。
両サイド思い切り囲まれてましてね。
友達同士で来てらっしゃるようで。
失礼ながら、ほほえましく見てしまいました。(笑)

左側にいたおじいちゃんがお友達おじいちゃんに色々と話していることに耳を傾けて。(笑)

光龍は若い頃の魁皇に似てる。
朝青龍の土俵入りはゆっくりだけど、白鵬の土俵入りは早すぎる。そして、不知火型のせり上がりのとき左右の手のあがり具合が違う。

とか。(笑)
聞いていて楽しかったです。

私とは一切話をしなかったけど、隣に1人で来てる私を気にしてらっしゃいました。
私が何を見てるかとか、視線の先を追ったりして。
2階に尾上親方とか音羽山さんがいて、見ていたら見てました。(笑)
話しかけられたらお話させていただきたかったなぁ☆


十両幕内で何枚か写真撮ったけど、いずれちょくちょくと。

今日は池田さんに会いに行ったんでね。
PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"aki" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.